R35タイヤ/GTRパーツ
GTROCオンラインストア
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ユーザメニュー
オンライン状況
60 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが GT-Rの基礎知識 を参照しています。)
  登録ユーザ: 0
  ゲスト: 60
もっと...
トップ  >  GT-Rの基礎知識
ここでは、日産スカイラインGT-R、そして日産GT-Rにまつわる様々な情報をご紹介いたします。
スカイラインやスカイラインGT-R、日産GT-Rの歴史、レースでの伝説、各モデルの詳細情報など、様々な角度からGT-Rを取り上げます。

■日産 R35 GT-R

R35 NISSAN GT-R 発売期間:2007年12月〜

2002年のR34 GT-R生産中止から5年。2007年10月、第三世代のGT-RとしてR35 GT-Rがデビュー。480psを発揮する新開発のVR38DETT型V6DOHCツインターボエンジンと、世界で初めて、クラッチ、トランスミッション、トランスファーを車両後方に移動させ、リヤファイナルドライブと一体化した「独立型トランスアクスル4WD」を採用。GR6型デュアルクラッチトランスミッションは、2ペダルのパドルシフトによる素早い変速とボルグワーナー製シックスプレートデュアルクラッチの直結制御により、駆動力をアクセル操作で意のままにコントロール可能。強力な加速とエンジンブレーキを使いこなすことにより、ダイレクトでリニアな走りを実現。それらを搭載するボディは、カーボン、アルミ、スチールの異種材料を組み合わせた高精度ボディ。全数加振検査を実施してから組み立てられる。すべてが匠の技で作られた、新時代のマルチパフォーマンス・スーパーカーである。
R35 NISSAN GT-R
R35 NISSAN GT-R

■日産スカイラインBNR34 GT-R

BNR34 GT-R 標準車 発売期間:1999年1月〜2002年8月

大型化したと批判されたR33型に代わって、1999年1月に東京オートサロンで発表されたR34型GT-Rは、ホイールベースを縮めて原点回帰しつつ、性能を大幅に向上させた究極の第2世代Rである。
2000年8月にマイナーチェンジ。VスペックはVスペックIIになり、NACAダクト付きのカーボンボンネットが採用された。
2001年5月には月産50台のMスペックを追加。
2002年1月にはN1仕様エンジンを搭載する1000台限定のニュルモデルが登場し、話題を集めた。
BNR34 GT-R V-specII
BNR34 GT-R M-spec

■日産スカイラインBCNR33 GT-R

BCNR33 GT-R 標準車 発売期間:1995年1月〜1998年11月

1994年にスカイラインがR33型となった後もR32GT-Rが継続販売されていたが、約1年半遅れの1995年1月にR33型GT-Rが登場する。アクティブLSD付き進化版アテーサを搭載。
1996年1月に中期型へマイナ−チェンジ。
1996年5月にル・マン24時間参戦を記念した2カ月間限定販売のLMリミテッドが登場。
1997年1月に最終型へとマイナーチェンジし、フロントリップスポイラ−が大型化される。
1997年12月にはスカイライン40周年を記念した4ドア版GT-Rがオーテックジャパンからリリースされた。
BCNR33 GT-R LMリミテッド
BCNR33 GT-R 4ドアオーテックバージョン

■日産スカイラインBNR32 GT-R

BNR32 GT-R 標準車 発売期間:1989年8月〜1994年10月

1989年5月にR32スカイラインがデビューすると同時に、“R”が16年ぶりに帰ってくることが発表された。
3カ月遅れの1989年8月に登場したGT-RはグループAレース出場を前提とし、迫力のスタイルに加え、RB26DETTエンジン&アテーサE-TS・4WDなどのメカニズムにも注目が集まった。
1990年に登場した500台限定の"GT-R ニスモ"はモータースポーツベース車両。
1993年にマイナーチェンジ。ブレンボ製ブレーキ装備のVスペック、VスペックIIが人気に。
BNR32 GT-R NISMO
BNR32 GT-R V-spec

■日産スカイラインKPGC110 GT-R

KPGC110 ケンメリGT-R 発売期間:1972年9月
「ケンとメリーのスカイライン」というキャッチコピーで登場したスカイラインの最上位も出るとしてGT-Rも登場。
オイルショックと重なり、生産台数は197台という少数にとどまった。
KPGC110 ケンメリGT-R
KPGC110 ケンメリGT-R

■日産スカイラインKPGC10 GT-R

KPGC10 ハコスカGT-R 発売期間:1970年10月〜1972年8月

1970年10月には、ホイールベースを70mm短縮した2ドア・ハードトップが登場。
レースではさらに競争力を増して、勝利を積み重ねていくことに。
ついにはたった2年10ヶ月で50勝という記録に到達した。
KPGC10 ハコスカGT-R
KPGC10 ハコスカGT-R

■日産スカイラインPGC10 GT-R

PGC10 GT-R 発売期間:1969年2月〜1970年9月

第3代スカイラインをベースに、初めてGT-Rの名が与えられたモデルが登場。
太いタイヤを収めることを考慮して、サーフィン・ラインが大胆に切り欠かれ、それがGT-Rに高性能者としての無言の迫力を与えることになった。
GT-Rというのは、レースに勝利することを目指して、R380のエンジンを移植するという大胆な企画から生まれた、別格の高性能車だった。
GT-Rはその初期の目標どおり、レースに登場すると、たちまち他を圧して勝ち進んだ。
PGC10 GT-R
PGC10 GT-R

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:862 平均点:5.28
カテゴリートップ
GT-Rの基礎知識
次
日産スカイラインの歴史
サイト内検索
GTROC on Facebook