R35タイヤ/GTRパーツ
GTROCオンラインストア
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ユーザメニュー
オンライン状況
59 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 日産/GT-R関連ニュース を参照しています。)
  登録ユーザ: 0
  ゲスト: 59
もっと...

切り抜き詳細

発行日時
2018-2-7 15:00
見出し
ルノー・日産自動車・三菱自動車、滴滴出行と中国でのカーシェアリングに関する協業覚書を締結
リンクURL
https://newsroom.nissan-global.com/releases/180207-01-j?lang=ja-JP&rss ルノー・日産自動車・三菱自動車、滴滴出行と中国でのカーシェアリングに関する協業覚書を締結への外部リンク
記事詳細
世界をリードする自動車アライアンスであるルノー・日産自動車・三菱自動車は、中国の配車アプリ大手である滴滴出行(ディディチューシン)と、中国国内での電気自動車(EV)のカーシェアリングプログラムに関する将来的な協業について覚書を締結しました。今回の滴滴出行との覚書は、モビリティサービスに対する本アライアンスのコミットメントを明確に示すものです。昨年ルノー・日産自動車・三菱自動車が発表した中期計画「アライアンス2022」には、無人運転車両による配車サービス事業の開始についても盛り込まれています。コネクテッドカーおよびモビリティサービス担当アライアンス専務執行役員のオギ レドジクは、「当アライアンスが滴滴出行と今後開拓していく機会は、事業の面でもテクノロジーの面でも大いに期待できるものです。この協業は、当アライアンスが推進している電動化、自動運転、コネクティビティ、新しいモビリティサービスを拡大する戦略に沿うものです。」と述べています。滴滴出行の快捷事業群(Express Mobility Group)の総経理(General Manager)である陳汀(チェン ティン)は、「ルノー・日産自動車・三菱自動車のような業界リーダーと戦略的な提携を行い、滴滴出行の強みやリソースを共有することによって、私たちはモビリティに対する多様なニーズに応え、シェアリングに基づくオープンな交通のエコシステムを形成することができるようになります。滴滴出行は今後もライドシェア、人工知能(AI)、新エネルギーといった領域でイノベーションを起こしていきます。」と述べています。世界最大の販売台数を持つ自動車グループとして、本アライアンスは自動車関連のさまざまな新技術の融合やシナジー創出を加速しています。「アライアンス2022」中期計画終了時までには、EV共用プラットフォームと共用部品を活用し、12車種の100%EVを発売する予定です。また、自動運転技術を世界で合計40車種に搭載し、無人運転車両の配車サービス事業に参画する予定です。「アライアンス2022」計画において、ルノー・日産自動車・三菱自動車は2022年の計画終了までに、年間販売台数は1,400万台以上に、売上高は2,400億ドルに達すると見込んでいます。2017年、アライアンスメンバーの3社は合計で1,060万台以上の自動車を販売しました。ルノー・日産自動車・三菱自動車についてルノーグループ、日産自動車、三菱自動車は世界最大の自動車パートナーシップを結んでいます。また、多文化にまたがるパートナーシップとして、自動車業界の中で最長の継続期間と最高の生産性を誇ります。2017年には、パートナー各社合計で、世界の200か国近くで1,060万台以上の車両を販売しました。3社は競争力強化のため、協業とシナジー最大化に注力しています。また、3社はドイツのダイムラー、中国の東風汽車などの自動車メーカーと戦略的な協力関係を結んでいます。本戦略的アライアンスは、ゼロ・エミッション車における業界リーダーであり、最新の先進技術を開発しながら、自動運転およびコネクティビティの機能やサービスを、手頃な価格の幅広い車種で提供していく予定です。www.alliance-2022.comwww.media.renault.comhttps://newsroom.nissan-global.com/http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/http://www.DiDichuxing.com/en/以上
サイト内検索
GTROC on Facebook