R35タイヤ/GTRパーツ
GTROCオンラインストア
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ユーザメニュー
オンライン状況
59 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お知らせ を参照しています。)
  登録ユーザ: 0
  ゲスト: 59
もっと...

GTROCからのお知らせ

  
投稿者 : 0001_shin 投稿日時: 2013/10/30 (5123 ヒット)
GTROC

ここ数週間、Gmailアカウントからのスパム投稿目的の登録が急増しています。いままで個別に対応してきましたが、量が増えて大変ですのでGmailアカウントでの登録をシステムで拒絶するように設定しました。
Gmailアカウントで新規登録をしたい方にはご迷惑をおかけしてしまいますが、他のメールアカウントでの登録をお試しください。


投稿者 : 0001_shin 投稿日時: 2013/04/05 (6184 ヒット)
GTROC

The GT-R Owner’s Club (GTROC)は、SUPER GT GT300 クラスに参戦するイゴール・スシュコ選手とそのチームOGT! BONDS RACING をスポンサードすることを発表しました。



GTROC の17 年にわたる活動の中で、レースチームやレースドライバーのスポンサーをすることは、2010 年のFIA GT 選手権に参戦したSWISS RACING TEAM と荒聖治選手へのスポンサード以来2 回目となります。今回、自身もアメリカでR34GT-R でレースに参戦した経験があるほど熱烈なGT-R ファンであるイゴール・スシュコ選手のSUPER GT へ掛ける熱意と、来日以来フォーミュラ・チャレンジ、スーパー耐久、ポルシェカップとレース経験を積んできたイゴール・スシュコ選手をクラブ全体で応援したいというGTROC のモータースポーツへの情熱が一致し、このようなスポンサーシップが実現しました。
GTROC のロゴマークはR32、R33、R34、R35 のそれぞれのシルエットを模した4 パターンがありますが、今回使用するのはR35 GT-R のシルエットを模したものです。
この GTROC のロゴマークがOGT! BONDS RACING のGT-R レースカーに輝くこととなります。

■イゴール・スシュコ選手からのメッセージ
英文:「I've grown up with the Nissan Skyline GT-R as my dream car. Back in 2006, I was fortunate to have an opportunity to race in an R34 Nissan Skyline GT-R N1 in the United States. My current street car is an R33 Nissan Skyline GT-R V-Spec. I am excited to race in the #7 OGT! Bonds Racing R35 Nissan GT-R GT3 this year in SUPER GT. On behalf of the entire team, I'd like to thank the GT-R Owners Club for the support. Hope to see everyone trackside!」

日本語:「私は日産スカイラインGT-R にあこがれて育ちました。2006 年には幸運なことにアメリカでスカイラインGT-R(R34)でレースをすることもできました。今プライベートではR33GT-R V-spec に乗っています。今年のSUPER GT で#7 OGT! Bonds Racing R35 日産GT-R GT3 でレースをできることにわくわくしています。The GT-R Owner's Club のサポートにチームを代表して感謝いたします。是非サーキットまで足を運んで応援してください!」

プレスリリース原文(PDF形式)

GTROC ウェブサイト http://www.gtroc.com/
OGT! BONDS RACING http://www.facebook.com/ogtracing
Bonds Racing http://www.facebook.com/bonds.r


投稿者 : 0001_shin 投稿日時: 2012/11/02 (6936 ヒット)
NISSAN

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は、「NISSAN GT-R」の13年モデルを11月19日より全国一斉に発売すると発表しました。





今回発売する13年モデルでは、本年度に参戦したニュルブルクリンク24時間レースからのフィードバックにより、「NISSAN GT-R」の魅力性能をさらに進化させました。具体的には、エンジンの中回転域のレスポンスや高回転域の伸びを向上させたことに加え、車体剛性を高め、スプリングやショックアブソーバー、フロントスタビライザーの仕様を変更したことなどにより、マルチパフォーマンスの速さや気持ちの良いレスポンスと高速安定性、上質な乗り心地にさらに磨きをかけました。また、Premium editionにセミアニリン本革と専用内装色を採用したファッショナブルインテリアを設定するなど、インテリアの上質感を一段と高めています。
本モデルは13年1月以降、北米、欧州、その他地域でも順次発売していきます。
「NISSAN GT-R」13年モデルの概要は以下の通りです。

1. メカニズム
エンジン
中回転域のレスポンスと高回転域での加速の伸びを向上
燃料噴射量を高精度に制御できる高出力用インジェクターの採用
ターボチャージャーの過給バイパスに専用開発したオリフィスを追加したことで、過給圧の急激な低下を抑制し、高回転域での加速を持続
オイルパンに特殊な構造のバッフルプレートを追加することで、サーキットなどでのハードなスポーツ走行時にも安定した油圧特性を実現し、オイルパン内での回転フリクションを低減
サーキット走行の多いお客さまからのご要望が多かったMOTUL製COMPETITION OILをディーラーオプションのエンジンオイルとして設定

シャシー
路面に吸い付くような走りと、超高速時の走行安定性をさらに向上
実際に走行している車両の実動ロールセンターを測定し、タイヤやサスペンションのブッシュのたわみも考慮してロールセンターを下げるとともに、スプリングとショックアブソーバー、フロントスタビライザーの仕様を変更
フロントサスペンションにキャンバー調整カムボルトを採用し、アライメントの調整精度を向上させ、あわせて整備性も向上
ドライブシャフトからハブベアリングの締結トルクを高め、サーキット走行時などにおける高負荷時の信頼性を向上
ボディ
気持ちの良いステアリングレスポンスと、走行安定性を向上
ダッシュパネルバー2ヵ所と、インストメンバー部にレインフォースを追加することで、サスペンション性能の向上に対応し、車体剛性を向上
2. インテリア
Pure edition
ステッチの色を変更し、ドアトリムやインストパッドの縫い目のピッチを拡大することで、インテリアの質感を向上
Black edition
ブラックとレッドのコンビネーションで、スポーティ感を高めたステアリングホイールを採用
RECARO製カーボンバケットシートをメーカーオプション設定
Premium edition
ブラックとアンバーレッドの2トーンカラーのファッショナブルインテリアをオプション設定
本革本来の風合いと柔らかさを備えたセミアニリン本革を使用し、手縫いで一品一品仕上げたシートを前席に採用
3. 仕様、装備
ドライカーボン製リヤスポイラーとレイズ製アルミ軽量鍛造ホイールをセットでメーカーオプション設定(Black edition)
バックビューモニターを標準装備(Black edition、Premium edition)
シートバックの前倒し時の使い勝手を向上させるサイドノブを前席左右に装備(全車)

「NISSAN GT-R」13年モデルの詳細情報はこちらよりご覧ください。
http://www.nissan.co.jp/GT-R/


投稿者 : 0001_shin 投稿日時: 2012/10/30 (6241 ヒット)
NISSAN

「ニュルブルクリンク24時間レースに開発チーム参戦 〜人も技術も鍛える〜」

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、11月17日(土)に日産グローバル本社ギャラリーにて、NISSAN GT-R開発責任者の水野和敏によるセミナー「ニュルブルクリンク24時間レース開発チーム参戦 〜人も技術も鍛える〜」を開催いたします。

NISSAN GT-Rは、発売以来「感動を与えるマルチパフォーマンスカー」として世界中で支持されるとともに、お客さまのためのあらゆる性能を進化させ続けてきました。
同車の開発責任者であるチーフ・ビークル・エンジニア兼チーフ・プロダクト・スペシャリストの水野和敏が行なう同セミナーは、今回で3回目となります。過去2回のセミナーには、GT-Rファンはもとより、女性や小学生など幅広い年齢の方々にもご参加いただき、開発者の熱い想いと、技術に関する明快な理論、開発の分かりやすい説明などが非常に好評でした。
今回は、今年のニュルブルクリンク24時間レースにGT-R開発チームがどのような目的で参戦し、何を得てきたのか、そしてそれらが13年モデルを皮切りに、今後開発にどのように生かされていくのかを、レース参戦車両などを前に、水野自身が説明いたします。
常に頂点でいる為に進化し続けるNISSAN GT-Rと、その開発者の熱い想いに触れてください。

日時: 2012年 11月17日(土) 14:00 〜 16:00
NISSAN GT-R開発責任者 水野和敏によるセミナー
「ニュルブルクリンク24時間レースに開発チーム参戦 〜人も技術も鍛える〜」
※セミナー開催は天候等により予告無く変更・中止となる場合がございます

会場:日産グローバル本社ギャラリー
神奈川県横浜市西区高島1-1-1 TEL 045-523-5555
営業時間 10:00〜20:00


投稿者 : 0001_shin 投稿日時: 2012/10/12 (5751 ヒット)
NISSAN

・世界最速の男がNISSAN GT-Rの「ボルト・パフォーマンス仕様」の開発をサポート
・ボルト選手は「ダイレクター・オブ・エキサイトメント」としてブランドアンバサダーに就任
・ボルト選手からインスピレーションを受けた1台しかないゴールドのNISSAN GT-Rをオークションに出品し、売り上げをウサイン・ボルト財団に寄付
・世界最速の男でありオリンピックのチャンピオンスプリンターであるウサイン ボルト選手は、その情熱とパフォーマンスへの本能を特別な「ボルト」バージョンのNISSAN GT-Rを開発する日産へ提供するとともに、自身も新たな記録を目指します。

ウサイン ボルト選手、日産自動車とともに「ゴールド」を目指す 1

ロンドンオリンピックでの世界記録達成と多くの金メダルを獲得したボルト選手は、本日、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)と、時速315kmのNISSAN GT-Rのブランドアンバサダー、及び同社の意欲的なグローバルマーケティングを推進するため「Director of Excitement(ダイレクター・オブ・エキサイトメント)」に就任するという特別な契約に署名しました。

日産のグローバル本社に登場したボルト選手は、「走ることは私のインスピレーションです。そして私は、日産がさらに、すべての人にとってエキサイティングなブランドとなるようお手伝いをしたいと思っています」と語りました。

日産の最高執行責任者(COO)である志賀俊之は、ボルト選手の日産に対する支持の表明と、ロンドンオリンピックの直前に日産のブランドスポークスマンとなったという深いつながりを歓迎し、「日産は、オリンピックで世界中の人々を魅了したエキサイトメントの精神を共有しています。この精神を素晴らしい経験へと変えるのにウサイン ボルト選手ほどふさわしい人物はいません」と述べました。

ボルト選手のスポーツへの貢献と自動車への情熱に対して、1台限定で生産されたゴールドのNISSAN GT-Rがお披露目されました。この車両は、チャリティーオークションに出品され、その売り上げはウサイン ボルト基金(http://usainbolt.com/foundation/)へと寄付されます。

オンラインで行われる本オークションについての詳細は今月中に発表されますが、その売り上げは、ボルト選手の母国であるジャマイカの子供たちや若者へ教育的、文化的な機会を作り出すという同財団の活動に役立てられます。

この1台限りのNISSAN GT-Rは、オンラインオークションのeBayに出品される予定です。この車両には、ボルト選手のサインがエンボス加工されており、特注の純金のインテリア装飾が施されています。

日産とのパートナーシップをより強化するというニュースと同時に、ボルト選手は、2016年にリオデジャネイロで開催される夏季オリンピックでも優勝することを誓いました。

日産とボルト選手とのパートナーシップの一環として、ボルト選手は本日、同社の追浜にあるテストコースで様々なNISSAN GT-Rを試乗しました。そこで、彼の運転の仕方や加速、ハンドリングのテクニックが、同氏専用の「Bolt GT-R」の開発に反映されます。

また、ボルト選手は、日産の商品担当者と協力して限定バージョンのNISSAN GT-Rを開発していきます。この限定車はNISSAN GT-Rが販売されている市場に投入していく予定です。限定車の詳細については後日発表されます。

9日に成田空港で、F1ドライバーのマーク ウェーバー氏が運転するNISSAN GT-Rの出迎えを受けたボルト選手は、さらに、日産のグローバルブランドキャンペーン「WHAT IF_」に貢献することも期待されています。

日産を象徴するクルマや革新的な技術が描かれた広告を世界中の空港で展開する本キャンペーンは、8%の市場シェアと8%の営業利益率の達成を目指した日産の2016年度までの中期経営計画「日産パワー88」の取り組みの一環です。

日産はブランドパワーの向上に弾みをつけるため、「What if you could drive the future, today? (もしも、今日、未来を運転できるとしたら?)」とした電気自動車「日産リーフ」を使ったテレビコマーシャルの放映も、本年10月より6つの主要なテレビネットワークで開始します。

今月初め、インターブランドが発表した2012年版Best Global Brands 100ランキングでは、ニッサンブランドのランクが昨年から13ランクアップの73位となりました。


(1) 2 3 4 ... 18 »
サイト内検索
GTROC on Facebook