R35タイヤ/GTRパーツ
GTROCオンラインストア
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ユーザメニュー
オンライン状況
45 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お知らせ を参照しています。)
  登録ユーザ: 0
  ゲスト: 45
もっと...

GTROCからのお知らせ

  
投稿者 : 0001_shin 投稿日時: 2007/10/24 (3213 ヒット)
NISSAN

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座、社長:カルロス ゴーン)は、日産ギャラリーにて、「NISSAN GT-R」の特別先行展示を行います。

「NISSAN GT-R」は、新開発プレミアム・ミッドシップパッケージやVR38DETTエンジン、GR6型デュアルクラッチトランスミッションなどの採用により、「誰でも、どこでも、どんな時でも最高のスーパーカーライフを楽しめる」というコンセプトを具現化した新次元のマルチパフォーマンス・スーパーカーです。

日産ギャラリーでは、この「NISSAN GT-R」を本年12月の発売に先駆け、展示いたします。
発売前に「NISSAN GT-R」をご覧いただける貴重な機会となっております。

この機会にぜひ日産ギャラリーにお越しいただき、「NISSAN GT-R」の魅力をご体感ください。

●イベント期間: 2007年10月27日(土)〜11月26日(月)


●会場:

* 日産本社ギャラリー
東京都中央区銀座6-17-1 日産本社ビル1F
TEL 03-5565-2389
営業時間 月〜金および祝日 8:30〜20:00 土10:00〜20:00 日10:00〜17:30
* 日産銀座ギャラリー(銀座交差点角)
東京都中央区銀座5-8-1
TEL 03-3572-4778
営業時間 10:00〜20:00
* ※ご取材の際は、お手数ですが事前に日産自動車グローバルコミュニケーション・CSR本部までご一報ください。

●展示車:

* <日産本社ギャラリー>
全色を展示:アルティメイトメタルシルバー/タイタニウムグレー/ホワイトパール
バイブラントレッド/ダークメタルグレー/スーパーブラック(計6台)
* <日産銀座ギャラリー>
アルティメイトメタルシルバー/バイブラントレッド(計2台)

※都合により予告なく日程、展示車を変更する場合がございます。

●会場:

* 日産札幌ギャラリー
札幌市中央区南1条西3丁目 ラ・ガレリア(1F・2F)
TEL 011-207-1123
営業時間 10:30〜20:00
※11月19日(月)は休館となります。
* ※ご取材の際は、お手数ですが事前に日産自動車グローバルコミュニケーション・CSR本部までご一報ください。

●展示車:

* アルティメイトメタルシルバー/バイブラントレッド/ダークメタルグレー(計3台)

※都合により予告なく日程、展示車を変更する場合がございます。

●会場:

* 日産名古屋ギャラリー
名古屋市中区栄3-4-6 先の地下街
TEL 052-961-5731
営業時間 10:00〜20:00
* ※ご取材の際は、お手数ですが事前に日産自動車グローバルコミュニケーション・CSR本部までご一報ください。

●展示車:

* アルティメイトメタルシルバー/バイブラントレッド(計2台)

※都合により予告なく日程、展示車を変更する場合がございます。

●会場:

* 日産福岡ギャラリー
福岡市中央区天神1-7-11(イムズビル4階)
TEL 092-733-2237
営業時間 10:00〜20:00
※11月20日(火)は休館となります。
* ※ご取材の際は、お手数ですが事前に日産自動車グローバルコミュニケーション・CSR本部までご一報ください。

●展示車:

* アルティメイトメタルシルバー/バイブラントレッド(計2台)

※都合により予告なく日程、展示車を変更する場合がございます。

*その他、詳細につきましては下記日産ギャラリーWEBサイトでご確認下さい。
<日産ギャラリーWEBサイト> http://www.nissan.co.jp/GALLERY/


投稿者 : 0001_shin 投稿日時: 2007/10/24 (3341 ヒット)
NISSAN

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロスゴーン)は、「NISSAN GT-R」を10月24日に発表した。同車は、日産ハイパフォーマンスセンターを中心に、12月6日より、全国一斉に発売する。

「NISSAN GT-R」は、新開発プレミアム・ミッドシップパッケージやVR38DETTエンジン、GR6型デュアルクラッチトランスミッションなどの採用により、「誰でも、どこでも、どんな時でも最高のスーパーカーライフを楽しめる」というコンセプトを具現化した新次元のマルチパフォーマンス・スーパーカーである。

1. マルチパフォーマンス・スーパーカーとして最高の性能を実現
* 走る道や天候、ドライバーのテクニックなどによって性能が限定されず、安心してスーパーカーライフが楽しめる新次元のマルチパフォーマンス。
* ドイツニュルブルクリンクサーキットで、世界最高峰のタイムを刻む超高性能に加えて、雨や雪の路面状況をも運転を楽しむためのスポーツフィールドに変えてしまう走破性、また、市街地ではAレンジへの切り替えで提供される快適な走りなど、あらゆるドライバーがあらゆるシーンで最高のパフォーマンスを楽しむことを可能とした。
2. マルチパフォーマンスを造り出す新しい生産方式(匠の技術)の導入
* クリーンルーム内で一人の匠の技によって組み立てられ、全数性能検査してから出荷されるエンジン、トランスミッション。
* 異種材料(カーボン、アルミ、スチール)を最適配置し、高精度に造り上げられ、全数加振検査を実施する新次元ボディ。
* 熟練の検査ドライバーが全車「エンジン、トランスミッション、ブレーキ」の調整を行った上で、車両を出荷。
3. マルチパフォーマンスを維持するため、高水準なアフターサービス体制を確立
* 特別教育を受けた認定カーライフアドバイザーと認定テクニカルスタッフが常駐するショールームと特別サービス工場を備えた日産ハイパフォーマンスセンターを設置。
* 特別メンテナンスは、従来の品質保証に加えて、3年間無償でエンジン、ミッション及びホイールアライメントについて計測及び調整を実施し、スーパーカーとしての性能保証を実施。
(1000km走行時、12、24、36ヵ月経過時)

<販売目標台数> 200台/月
マルチパフォーマンス・スーパーカー「NISSAN GT-R」を実現するキーファクター

Force of the Earth: 自然の力を最大限活用
クルマの基本性能である「走り、曲がり、止まる」をクルマが走るあらゆるシーンで最高のものとするため、地球の力(重力、慣性力、空力)をタイヤのグリップ荷重に変え、空気の流れを走行安定性を生むための力に変えるというクルマ本来のあるべき姿に立ち戻り、ドライブトレインの新しい配置を含め、ゼロから基本パッケージを見直した。
High-Tech for Human: 意のままの操作感
超高性能を安全に使いこなすために最先端の理論、テクノロジーを用いるとともに、新しいヒューマン・マシーンインターフェースを創造するため、全てのコンポーネントを新開発した。
Safety and Ecology: スーパーカーならではの安全性と環境性能
スーパーカーだからこその新しい環境性能と安全性を実現。「速さと燃費」、「高出力とクリーンエア」、「高性能と安全性」を両立した。

「NISSAN GT-R」の車両概要は以下の通り。

1. メカニズム
* パッケージ:
o FM(フロントミッドシップ)パッケージを進化させた、プレミアムミッドシップパッケージを新開発。また、世界で初めて、クラッチ、トランスミッション、トランスファーを車両後方に移動させ、リヤファイナルドライブと一体化した「独立型トランスアクスル4WD」を採用した。フロントタイヤのグリップ荷重はエンジン、リヤタイヤへは独立型トランスアクスルが荷重を与えることで、走行中のあらゆる状態で4輪のグリップ荷重を最適化。
o Cd値:0.27の実現と同時にフロント、リヤのダウンフォースを増大させることでタイヤグリップを向上させ、特に雨・雪道において高い走破性を実現。
o トランスミッションを後方に移したことで、前席足元スペースを拡大し、理想的なペダルレイアウトを実現。
* エンジン、トランスミッション:
o 新開発の3.8リッターV6ツインターボ「VR38DETT」エンジンは、プラズマコーティングボアシリンダーやエキゾーストマニホールド一体型ツインターボ等によって、3200〜5200rpmの広いレンジで最大トルク588Nm (60kgm)を発生(最高出力は353kW (480PS)/6400rpm)。
o 排気2次エアシステムの採用と低負荷運転時において40kgmもの高トルクを発生する高出力なエンジン特性(通常走行においては理論空燃比での走行が可能)によって、スーパーカークラストップレベルの低燃費とクリーンな排出ガスを実現(「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合)。
o 新開発「GR6型デュアルクラッチトランスミッション」は、パドルシフトによる素早い変速とBorg Warner製シックスプレートデュアルクラッチの直結制御により、駆動力をアクセル操作で意のままにコントロール可能。強力な加速とエンジンブレーキを使いこなすことにより、ダイレクトでリニアな走りを実現。
* サスペンション、ブレーキ、タイヤ:
o 「走り、曲がり、止まる」を高次元で創り出すビルシュタインダンプトロニック*1は、あらゆる走行シーンに対して、車両データから最適に電子制御された減衰力を提供。
o 超大径のブレンボ製フルフローティングドリルドローターと高剛性パッド、及びブレンボ製モノブロックキャリパー(フロント:6ポッド、リヤ:4ポッド)の採用で、あらゆる走行シーンで安定した制動力と、高い耐フェード性能を実現。
o サーキットを始めとする超高速走行から、雨のアウトバーン、ラフな市街地まで、しっかりしたグリップと日常ユーティリティを高次元でバランスさせたNISSAN GT-R専用タイヤを開発。また、ランフラット構造により、パンク状態においても80km/hで80kmの走行が可能(国連協定規則による)。
* ボディ、塗装:
o カーボン、アルミダイキャスト、スチールを最適配置した高剛性かつしなやかな新開発ボディと、ボディ・サスペンション一体化設計によって、高次元の衝突安全性能を実現。
o 「ダブルクリア塗装」と「アンチチッピング塗装」を傷つきやすい部分に採用し、世界最高クラスの耐チッピング性能を実現。さらに、手作りによる真の高級感を実現するため、一台一台、丹念に手磨きを行ったアルティメイトメタルシルバーを特別塗装色として設定。
* ナビゲーション、BOSEサウンドシステム:
o 高速・大容量のHDD(30GB)を採用したカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)は、ナビスイッチ操作に加えてタッチパネル操作を可能とし、あわせてミュージックボックス、DVDオーディオ&ビデオ再生機能、Bluetooth®*2オーディオ機能など、充実のエンターテインメント機能を装備。
o BOSEサウンドシステムは、ウーハーをリヤセンターアームレストに前向きに配置し、これまでにない迫力の音を前方にダイレクトに提供。また、ウーハーとドアスピーカーは、剛性が高いアルミダイキャストパネルに締結することで、締った低音とともに繊細な音を再現し、スーパーカーにふさわしいサウンドとした。
* その他の新開発技術:セットアップスイッチ、マルチファンクションメーター、スーパーワイドビームヘッドランプ
o 走りながら車両のセットアップを変更できるセットアップスイッチを運転姿勢で手が届くインスト中央部に搭載。トランスミッション、ショックアブソーバー、VDC-Rについて、Rモード(NISSAN GT-Rの卓越した走行性能を発揮するモード)、ノーマルモード、限られた条件で使用するモード(スノーモードなど)のセットアップが可能。
o NISSAN GT-Rの最適な使用方法をドライバーに伝えるために、カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)に、マルチファンクションメーター機能を追加。車両を最適な状態で使うためのメカニカル情報や運転技術向上のためのアクセル、ブレーキ、ハンドル操作履歴等を表示。また、エコドライブのための最適ギヤポジションを表示させ、ドライバーのエコドライブスキルを向上。
o 従来のプロジェクターヘッドランプに補助反射板を3枚追加することで、従来の前方照射性能はそのままに、車両側面を広範囲に照射するスーパーワイドビームヘッドランプを新開発。
2. デザイン
* エクステリア
世界の道を走る「NISSAN GT-R」としてのドライビングプレジャーを実現するため、ボディ全体から細部のデザインに至るまで、機能に裏付けられた特徴的な形で表現。「NISSAN GT-R」に内包された高性能を最大限に引き出し、抜群の走行性能を追求した機能表現とした。
o 空気の力を味方にし、鍛え抜かれたアスリートのような美しさを、エッジの立ったキャラクターラインとソリッド感のあるなめらかな面で表現。
o タイヤまわりとボディサイドの空気の流れを考え抜いたフロント "エアロブレードフェンダー"。
o フロント側のダウンフォースを助け、ボディサイドの整流機能を持つエアベント"フェンダーバックスクープ"
o スロープしたルーフラインのキャビン"エアロブレードキャノピー"と屈曲したCピラー"スウォードエッジ"は、ボディ後方への空気の流れを整える形状とし、かつGT-Rの血統を表現。
o エンジンルームを効率良く冷却するフロントの"シングルパワーインテーク"は、「NISSAN GT-R」としてのアイデンティティを強烈に表現。
o 滑らかなバルジ形状を持ち、機能感と洗練された美しさを表現するエアインテーク付きエンジンフード。
o 大胆にカットされたボリューム感のあるリヤエンドに、伝統の4つのリング型テールランプをデザイン。
o 空力的に最適で、ボディデザインと調和の取れた形状のリヤスポイラー。
o 4本の120φのエキゾーストパイプを囲むようにデザインされたバンパー下部は、床下の空気を最適に整流し、排出。
* インテリア
超高速域までの新次元のドライビングに集中できる機能性と安心感、そして日常領域での快適性をも両立させたドライビングインテリア。助手席前の空間や、ドアトリムにはソフトなパッドを配することにより、日常走行から高速域までのあらゆる場面で、乗員に安心感と快適性を提供するデザインとした。
o ドライバーを囲むようなデザインで、メータークラスターからセンターのマルチディスプレイまで高さを揃えた配置とすることで、高速走行での視線移動が少ない視認性を重視したデザイン。
o タコメーターを中央に配し、かつ右上にシフトポジション表示をレイアウトした超高速域で視覚情報を得やすいメーターデザイン。各メーターは、噛み合ったギヤをイメージした文字板と金属表現の立体リングを持ち、「NISSAN GT-R」の新次元の性能を感じさせるエモーショナルなデザイン。
o 必要な情報をドライバーが瞬時に判読できるグラフィックを採用したマルチファンクションメーター。
o 金属調フレームのセンターコンソールに、シフトゲートとエンジンスタートボタンを配置。赤いエンジンスタートボタンは「NISSAN GT-R」のエンジンに火を入れるという厳粛な高揚感を演出。
o ホールド感を高め、かつクッション前方のサイドの張り出しを弱めることによりロングツーリング時に膝から前を自由にしてリラックスできるシート形状。

<その他の主な安全、環境対応技術>

* LED式ハイマウントストップランプ
* 高輝度LEDリヤコンビネーションランプ
* ヒーター付きドアミラー
* フラットブレードタイプのワイパー
* ABS(アンチロックブレーキシステム)
* EBD(電子制御制動力配分システム)
* 前席テンションリデューサーELR付きシートベルト
* 前席ロードリミッター付きシートベルト
* 後席ELR付き3点式シートベルト
* 運転席・助手席SRSエアバッグシステム
* 運転席・助手席サイドエアバッグシステム(メーカーオプション)
* SRSカーテンエアバッグシステム(メーカーオプション)
* 歩行者傷害軽減ボディ(ポップアップエンジンフード付き)
* リサイクル可能率95%以上
* 車室内VOC *を低減 *Volatile Organic Compounds(揮発性有機化合物)

<全国希望小売価格(消費税込み)>
駆動方式 エンジン グレード ミッション 価格(円)
4WD VR38DETT GT-R GR6型デュアルクラッチ
トランスミッション 7,770,000
GT-R Black edition 7,927,500
GT-R Premium edition 8,347,500

*1:ビルシュタインダンプトロニックは、ThyssenKrupp Bilstein Suspension GmbHの登録商標
*2: Bluetooth®およびBluetoothロゴは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標

以 上


投稿者 : 0001_shin 投稿日時: 2007/10/23 (3315 ヒット)
NISSAN

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロスゴーン)は、10月26日(金)から10月27日(土)までの2日間、「東京ミッドタウン」で開催される日本初のクラシックカーコンクール「東京コンコース・デレガンス」に、「NISSAN GT-R」を展示し初の一般公開を行う(26日は関係者のみ入場可。一般公開は27日。)当イベントには、日産自動車所蔵のクラシックカーコレクションから、1962年モデルの「スカイライン・スポーツ」(イタリアの著名デザイナー、ジョバンニ・ミケロッティの手によるデザイン)と1998年に発表された「ニッサンR390 GT1」(ル・マン公認用ロードカー)の2台も併せて出展される。

「NISSAN GT-R」は、10月24日(水)に千葉県千葉市美浜区の幕張メッセで開幕する「第40回東京モーターショー2007」で報道関係者に初公開される予定。また同車は、10月27日(土)から全国5箇所(札幌、銀座、本社、名古屋、福岡)の日産ギャラリーでも展示される。

「東京コンコース・デレガンス」では、1900年代初頭以降に生産された40種類以上の車両が展示され、そのうち33台のクラシックカーを専門家が審査、最優秀賞が選出される。日産自動車のデザイン、ブランドマネージメント担当常務の中村史郎も審査員のメンバーに加わる。

<東京コンコース・デレガンス概要>
日時:2007年 10月26日(金) VIP DAY、クラシックカー・コンクール日
10月27日(土) 一般公開 11:00〜17:00
会場:東京ミッドタウン(東京都港区赤坂9−7−1)
主催:東京コンコース・デレガンス事務局  http://www.concours.jp


« 1 ... 15 16 17 (18)
サイト内検索
GTROC on Facebook